link    write  admin

ナスカ展で地上絵のCGムービーを見る

あるメルマガの記事を読んで、国立科学博物館で開催中のナスカ地上絵展を見に行く。2年ほど前にも開催されて、今回はそのアンコールということだが、今回初めて知った。

国立博物館は久しぶり。おそらく20年ぶりくらいか?

読んだ記事には50分待ちとか以前の開催では1時間半待ちなどと書いてあったのでできれば開場前に着くように出発する。しかし強風のために電車が遅れて上野に到着し、ほぼ開場時間ギリギリになる。目当てはメルマガに紹介されていた「バーチャルで飛ぶ!ナスカの地上絵」。

CGムービーによる空から見た地上絵の再現なのだが、「超リアル&ド迫力」とのことだったので,かなり期待して見た。横長の大画面のせいか臨場感は抜群である。画像のリアルさは、前宣伝ほどではなかった。地上絵の部分の精細さは素晴らしいが、その周辺の少しボケた部分が少々残念。
全体的には、実際に現地へ行った感じの一端を味わうことができて良かった。

ナスカ展だけで帰るつもりだったが、地球館も入場できるとのことだったので、駆け足で見て回る。愛知博で展示したという360度全球映像も見ることができて良かった。

スポンサーサイト
23:39 | バーチャルリアリティー | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

無料カウンター