link    write  admin

テレビで紹介された3D絵本について

今夜の日本テレビ 「行列のできる法律相談」 の番組中で紹介されたもの。

3D絵本は、オーバーヘッドマウントディスプレイのようなメガネをかけて絵本を見る
ことで、絵本の上に動く立体アニメを見ることができる、飛び出す絵本である。
デモで紹介されたシステムではメガネをかけた一人だけしか見ることはできない。
絵本を回すと立体映像も回転するのがユニークである。
絵本の枠外にも立体画像は飛び出して見える。
絵本の紙面(左ページ)には単純な絵柄のみが描かれている。絵柄は四角い枠の中に動物の絵などである。ページをめくってしばらくして立体映像が少し時間遅れで表示されはじめる。
メガネはコンピューターにつながっていて、立体画像はPCが作り出すとの解説があった。

おそらく立体映像自体は絵本自体で持っておらず、絵本と連動して動く表示ソフトが絵本上の絵柄を認識して、それに応じた立体画像を表示すると考えられる。

まだ市販されていない。
実際に市販される際には絵本にDVDなどを付けて販売することになるだろう。
普及はかなり難しいと思われるが、現実に売って行くためにはPHP程度の大きさのポータブルな機械に繋げるようにしないと普及はしないだろう。ポータブルゲーム機とつないで絵本を見ることができれば、ひょっとしたら売れるかも知れない。

こういった3D絵本が普及すれば地すべり地形の判読本なども、実現するかもしれない。

この絵本を開発したのは奈良先端科学技術大学のインタラクティブメディア設計学講座
で開発中の拡張現実感インターフェースの成果と思われる。

http://imd.naist.jp/index.html

http://imd.naist.jp/etc/OpenCampus/Site/About_Our_Principal_Presentation.html
スポンサーサイト
23:36 | 実体視・立体視・3D | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

無料カウンター