link    write  admin

01/30のツイートまとめ

nied_inok

昨日災害情報学会のSNSシンポジウムに参加したが、先程のEテレITボックスの「拡大するソーシャルな世界」を途中から見た。この中で呟きサイトは、震災においても公的機関が正しい投稿をしてデマ情報も淘汰される様になり、今や社会的コミュニケーションのインフラになってきたと語られていた。
01-30 00:06

スポンサーサイト
07:05 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/28のツイートまとめ

nied_inok

これからのノートPCはバッテリーの性能で選ぶのが必須の様ですね。お疲れ様でした。 RT @tagugugugugu: @nied_inok なんとかバッテリーはもちました。やはりUST中継が必要ですね。
01-28 18:41

これまでツイッターを自己流で使っていたけど、きちんと使い方を身につけておく必要性を痛感した。それだけでも今日のシンポジウムに来た甲斐があった。
01-28 18:10

大変お疲れ様でした。期待以上に中継頂いて感謝です。ながら読みでしたので、あとでゆっくり読みたいと思います。 RT @tagugugugugu: バッテリー切れになるかもしれません。 #dprf
01-28 17:25

#jasdis_SNS のパネルディスカッションも最後のパート、今後に向けて。
01-28 17:10

八浪さん。SNSの進化でマスメディアの存在価値が問われている。記者クラブの記者は不要かも。
01-28 17:05

つくば市で毛布の提供を呼びかけた市議はSNSのリテラシーがあって、公式RTでの拡散を呼びかけた。こうすれば、数が足りた段階で元ツィートを削除すれば、RTされた全て消える。(私はこの事を初めてしった。まだまだ初心者) #jasdis_SNS
01-28 16:59

関谷さん。茨城県の不幸についても、ソーシャルメディアを介しての情報発信は有効。?
01-28 16:49

#dprf#jasdis_SNSの両方を読みながら、パネルディスカッションを聞いていると、結構忙しい。
01-28 16:45

疲れていて少し寝てしまったが、決してあとでTw読めるからと、油断したわけではありません。#jasdis_SNS
01-28 16:41

前から五列目、右手。@antidisasterさんの一つとなりです。
01-28 15:10

続きを読む
07:56 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/27のツイートまとめ

nied_inok

@usa_hakase 災害遺構がどんどん解体・撤去されていることを残念に思っています。今や世界遺産にもなっている原爆ドームも当時は惨事を思い出すので取り壊してほしいという市民の声があり、広島市も保存には消極的だったらしい。核の残虐さを後世に伝える象徴として残せて良かったと思う。
01-27 22:46

人は忘れやすい動物。今は見たくない遺構も、時が経つと残せば良かったと思う様になると思う。その時後悔しても遅い RT @usa_hakase: Sponichi Annex 社会 http://t.co/zzFf7lAi 南三陸の防災庁舎、「美談」だけ残してやっぱり解体するのか。
01-27 22:23

津波に関する防災本はいろいろあったが、東日本震災前に出されたもので、てんでんこについてふれている本はさほど多くなかった様に思う(全部読んでいる訳ではないが)。てんでんこについてきちんと書かれている本なら信頼して良いと感じていたし、メルマガの書評でも推薦してきた。
01-27 16:55

道徳教育の話題で津波てんでんこも取り上げられていたが、この言葉は何万もの津波の犠牲によって語り継がれてきた重い言い伝え。最初聞いた時には驚いたが、山下さんの解説をみてすぐに納得出来た。でもその真意を人に正確に伝えるのは難しいと感じ、災害からの避難について真剣に考えるようになった。
01-27 16:51

私も道徳の教材という点にひっかりを感じた。ン十年前の道徳は皆で話し合って共通の道徳観を持たせるやり方だった。防災に正解はないので教材として難あり RT @disaster_i: 南三陸町の防災無線に関するツイートを追加しました. http://t.co/kfeybAU8 .
01-27 16:30

07:22 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/26のツイートまとめ

nied_inok

川の堤防の一部をわざと低くした洗い堰周辺は住宅を建てるべきでないし、最低限周知はしておくべきだろう。 RT @usa_hakase: 連載「リスクと向き合う」で水害取材=秋山信一(毎日新聞) http://t.co/lOydPx7U @mainichijpnews
01-26 23:05

@News1st 地表とともに移動しても地表の動きを検知するセンサーの仕組みが、資料を読んでも理解出来ない。横浜に行けたら見てみることにしよう。 http://t.co/WjYEjNnq
01-26 14:41

Reading:NHKニュース パプアニューギニア 地滑り40人死亡 http://t.co/KhdM2LFS
01-26 02:49

07:22 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/24のツイートまとめ

nied_inok

今晩日本でもオーロラが見られるかも知れないと言うニュースが伝えられたけど、観れたとしても、北海道だけの様だ。予想の誤差も6時間もある。テレ朝報道ステーション情報
01-24 22:42

@pinpinkiri 実際の現物は見ていませんが内容は想像できました。すぐ他紙の真似をする新聞社では追随もありそう。衰退が予想される紙媒体の生き残りの一つのきっかけとなるかも知れませんね。新聞だけでなく雑誌や書籍の一部でも始まるかも。紙面では難しい3D画像なども実現が図れそう。
01-24 11:55

今後の地震で同様の現象が起るかも知れないが、全く想定されていない。地震と同時に起るので、津波より恐ろしい。 RT @Nautarch_japan: 本の紹介「地震で沈んだ湖底の村 琵琶湖湖底遺跡を科学する」近日発売らしい。地震と水中考古 http://t.co/AiUL6HKD
01-24 11:13

07:15 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/17のツイートまとめ

nied_inok

@daicyanncpr 改めて「奇跡」の意味を調べて見ましたが、人間の力や自然現象を超えたできごとというのとはかなり違うと思いました。まあ、クロ現でも紹介されたように間一髪という状況もあったようですから、その名付けたくなる気持ちもわかりますが...
01-17 21:13

@jishin_1topi 地震ジャーナル紹介のツイート、ありがとうございます。全ページがWebで読めるとは知りませんでした。伊藤和明さんのエッセイも時機に即した内容で自然と人間の関係を的確に捉えた話でした。
01-17 20:31

@ohtarisk 是非お願いしたいです。一昨日の青梅の講演でも動画を入れたことで、理解しやすいと好評でした。でも使える動画は意外と少ないです。深層崩壊の番組で使われたCGは非現実的だったのに、今回のは結構的確だと思ったら、太田さんからの提供でしたか。納得。
01-17 20:11

想定(ハザードマップ)を信じず、ベストを尽くして逃げろ。自然に対する姿勢ができていた。
01-17 19:56

テンデンコができるためには家族の信頼関係が必要。
01-17 19:55

大人顔負けの機敏さと判断力で多くの命を救った子供たち。自分の経験を言い伝えていかなければならないと感じている。
01-17 19:51

足の不自由な同級生を背負って逃げた小学生もいた。「そういう友達がいて良かった」。一旦避難しかけたが、自宅にいる祖母が心配で自宅に戻った小学生、既に車で避難していた。間一髪で危なかった。戻るのは危険だと分かっていたが、父を亡くした彼は二度と家族を失いたくなかったと。
01-17 19:48

祖父母を連れて逃げた小学生。糖尿病で目が見えない祖母に何度も避難懇願して誘導した子もいた。
01-17 19:44

子供の的確な判断のかげには5年前からの津波の防災教育があった。50cmの津波でも人間は流される。逃げ遅れた兄弟は既に水が来ていたので、そのまま逃げるのは危ないと屋上に逃げた。これも50cmでも流されると聞いていたから。
01-17 19:42

釜石小学校の子供たちの避難行動を片田教授と学校の先生が再現した。大きな地震が終わった直後、呆然とする祖母の大人の判断を待たず、弟にジャンバーを着せ自分も着て走って逃げた。一人で留守番をしていた子は地震中は布団を被って納まるのを待って、一人で逃げた。
01-17 19:40

続きを読む
09:02 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/16のツイートまとめ

nied_inok

明日、所内での来年度の研究計画の説明用に作成してもらった全国の地すべり地形分布図の最新版。北海道も半分近く完了して、その全貌が少しずつ明らかにされてきた。今のところあと2年で北海道を完了する予定である。 http://t.co/JC7SK4rq
01-16 23:20

@supervisor0901 古い市役所が大変な建物だったという話は聞きました。天井が落ちてきそうだとか、大勢で屋上に上がろうとしたら許可されなかったとか。新しい庁舎は免震、自然換気、地中熱利用、雨水利用、太陽光発電、太陽熱利用、屋上緑化など最新技術を駆使したの建物でした。
01-16 23:02

土砂災害の現地を案内して頂いて意外だったのが豪雨が止んでから2日も経ってから崩れた斜面があったことだ。土量は1800立米と青梅市の土砂崩れとしては大規模なので、多少の時間遅れがあっても納得出来るのだが、2日後とは少し空きすぎの様に感じた。赤谷崩壊だって雨が止んでから数時間後だ。
01-16 22:57

驚いたのが最近建設された市庁舎が免震構造で建てられていることだ。講演が終わってから地下の免震装置が覗ける所に案内していただいた。5種類くらいの免震装置を組み合わせているようで、東日本震災の時もそれほど揺れなかったと言う話だった。ウチの研究所でもそういった仕様で建てて欲しかった。
01-16 22:51

今回青梅市を初めて訪れた。天気が良かったせいもあるが、青梅市は事前に想像していた以上にいい町だった。過去の災害史を振り返っても、大きな災害には見舞われていないことから、災害ポテンシャル自体が低い地域だと感じた。もちろん油断してはいけないことは講演でも強調したが。市の方も親切だった
01-16 22:47

復旧に取りかかるにもその原因やその土地の所有がどこかによって対応に苦慮する場合もあるようで、行政の悩みについて理解が深まった。今後の課題は土砂災害防止法の指定についての説明や避難勧告をどのタイミングで出すかについての基準作りなどで、研究者として的確なアドバイスの難しい問題だ。
01-16 22:35

昨日の青梅市の防災講演会に向けて前日に、市の防災課と建設部の方に昨年の土砂災害現場を案内して頂いた。十津川・五條と比べるとはるかに小規模で人的被害も出ていないが、行政にとって研究者と異なる現実的な問題がいろいろあることが分かった。
01-16 22:31

私は地震地すべり調査は自然斜面が主体だが、盛土の地すべりもできる限り見てきた。ほとんどの地震で何らかの盛土地すべりは起きていた。釧路沖、北海道東方沖、兵庫県南部、新潟県中越、東日本大震災など。2003年三陸南地震での築館の流動すべりは盛土だと予断を持って調査したらその通りだった。
01-16 21:44

仙台と同じような盛土は全国に分布している。30年以上前に造成された団地が多く記録がない。そのため過去の空中写真などでチェックする。ただ、それだけでは危険度までは分からない。現場の調査が必要だが600万円要する。多大の費用と手間がかかる。
01-16 21:34

NHKニュース9。京大防災研の釜井さんが出演。谷埋め盛土の地震地すべりに警鐘。
01-16 21:32

続きを読む
11:00 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/15のツイートまとめ

nied_inok

今回の青梅市での防災講演会では、前日に、昨年崩れた斜面の幾つかを案内していただいた。その中で、台風15号で崩れた斜面について、強風が斜面に生えている広葉樹林を根こそぎ揺らしたことが原因ではないかという話があった。台風の雨は大したことがなかったそうなので、当たっているかも知れない。
01-15 14:13

会場は遠いし、朝早くからなので大変でしたよ。昔、石原都知事に、東京のチベットで青梅マラソンするより都心部でやるほうが、と言われたことがあると、憤慨されておられました。 RT @supervisor0901: @nied_inok この講演会知らなかったので行けませんでした。残念!
01-15 13:52

そうでした。参加者の本当の感想を知りたいけど、アンケートはとってなかったようです。最初にツイッターのアカウントを告知したので、誰か教えてくれないかな? RT @supervisor0901: http://t.co/KFDBB6VZ これだったんですね。知らなかった。
01-15 13:12

どうもありがとうございました。でもツィート読めたのは、終わってからでした。 RT @smile_michiyo: @nied_inok 大丈夫です。まずはにっこり。すべてがほころびます
01-15 13:03

少し時間をオーバーしたが、なんとか終了した。参加者は222名とのこと。地元の話が一番受けたかも。前日から行って、土砂崩れの現場を見ていて良かった。
01-15 13:01

青梅市長の挨拶。次が私だ。
01-15 09:31

200人以上来ている。どうしよう。
01-15 09:29

青梅市での講演会、まもなく開始。緊張している。
01-15 09:27

07:37 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/14のツイートまとめ

nied_inok

7時すぎに青梅に向かうが、今日はセンター入試で電車の混み具合は大丈夫だろうか。
01-14 06:37

今日は明日の講演会の為に青梅市に向かう。市役所の方が昨年の災害の現場などを案内していただけるとのことで、朝早く出発だ。
01-14 04:25

07:35 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/13のツイートまとめ

nied_inok

@tagugugugugu 統合の理念とかが伝わって来ないので分かりませんが、ちょっと安易すぎる様な気がします。国会の審議で前回の海洋との統合話の時の様なことにならなければ良いが。2機関だけの統合のお膳立てをするだけでも大変な思いをしたので心配です。
01-13 20:17

@supervisor0901 くっつけても物理的に離れているので、つくばに集まっていた産総研の様にはならないと思いますが、本省や外部とのやり取りに一段階余分な手続きが必要になったりして、時間がかかるかも。現代の組織のフラット化の潮流に逆行する様な気もします。
01-13 20:13

@tatetoni 海辺に戻った集落と戻らなかった集落の相違などを含めて調べる必要があると思います。私も興味はあるけど、私の専門の地すべりも疎かには出来ないし、誰か取り組んでほしいと思います。地元に近い方の方が良いかも。ただ、明治三陸、昭和三陸から時間が経ちすぎているかも知れない
01-13 20:09

文科省所管8法人を統合=理研、原研機構が対象―独法改革案 http://t.co/m3pBf4Yw文科省所管と言いながら、ほとんどが旧科学技術庁傘下の国立研究所と法人だったところの統合。一番やり易い所から手をつけた?
01-13 17:58

14:15 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/12のツイートまとめ

nied_inok

ぼちぼちと2「「知ってしまった以上は対策せねば」からの脱却」 http://t.co/TTv4W0jz
01-12 20:35

その様ですね。ありがとうございます。 RT @adonis_fish: 一救 @19kb_ さん がまとめてくださいました @nied_inok →地質調査総合センター第18回シンポジウムについて井口隆先生がTWしてくれていたのをまとめて http://t.co/dhyXYRp6
01-12 18:29

まとめていただき、どうもありがとうございました。自分のツィートだけというのは初めてで恥ずかしい。 RT @19kb_: @nied_inok つぶやきを使わせていただきました。問題ありましたら対応しますのでご連絡ください。 http://t.co/dhyXYRp6
01-12 18:23

産総研シンポジウムの講演はすべて終了。これから総合討論。司会は小泉尚嗣氏。
01-12 16:43

断層シミュレーションには拡張有限要素ほうを、表層地盤の変形シミュレーションには個別要素法を用いる。横ずれ断層のシミュレーションには、三次元DEMシミュレーションを行なっている。
01-12 16:40

台湾集集地震の断層で、落橋した事例などを数値計算での再現を目指す。
01-12 16:34

浅部地下構造探査、地下レーダーの調査と地盤の変形バラメーターの取得を行なっている。
01-12 16:30

よろしくお願いします。ノートPC終了したので、アイフォンからで時間がかかります。 RT @adonis_fish: @nied_inok 了解しました(・ω・)TLにはいないみたいですが、ちょこっと探してきます(・ω・)
01-12 16:27

断層変形の予測のため、現地調査と数値計算を組み合わせて取り組む。2本目のバッテリーもそろそろ終了の予告。
01-12 16:21

地表変更予測に置いてはこれまでの活断層調査の既往研究に基づく。しかし予測の観点からは保管すべき課題もある。それは残存地形と実際の変形の関係、地下深部の断層形状と地表変形の関係の解明。自戒の段創出現位置はどこか?次回の断層変形量はどう推定するか
01-12 16:19

続きを読む
07:34 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/10のツイートまとめ

nied_inok

@tsukuba_flea 先程のツイートちょっと自慢げに書きすぎたかと、ちょっと反省していましたが、講演の際に感動して頂いたとのととで、どうもありがとうございます。
01-10 22:09

@reborn_xcc 最近新聞社も経営が苦しいので、写真をたくさん売って稼ごうと考えているのでしょう。美形を取り揃えた神社も福笹を多く得るために一枚噛んでいるのかも知れないと勘ぐって見ました。
01-10 21:36

その意味もあって地すべり地形分布図は先出しで全国刊行を進めている。これなら地形判読(過去の災害履歴)が将来の発生予測に役立つことの実証例に対して文句をつけられないし、役立つ国土情報提供になる。 RT @tsukuba_flea: 宏観異常現象は後出しジャンケン感があって・・・。
01-10 21:17

高速化,大容量化,軽量化は飛躍的に進歩してきた。残された課題はデータの長期安定保存。千年後に震災記録は残せるのか RT @kmoriyama: RT SDカード+無線LANの新規格「Wireless LAN SD」 -AV Watch http://t.co/qpJpbrer
01-10 21:04

龍馬伝はもっと汚かったが好評だった。舗装道路もない時代をリアルに伝えるこういった新手法に期待。 RT @kmoriyama: 井戸敏三知事。 RT 薄汚れた画面…大河「平清盛」を兵庫知事が批判 : 社会 : YOMIURI ONLINE http://t.co/b98oH2R2
01-10 20:31

昨年、防災科研で開催した第3回GISLandslide研究集会で発表していただいたものです。災害の研究者に役立つ情報だと思います。 RT @ESRIJapan: 研究集会の発表資料「ArcGISでの気象データ利用」を公開します! http://t.co/n9tnkjkW
01-10 13:47

足立美術館については研究所の守衛さんに教えてもらって初めて知った。日本画のコレクションも一流だが、庭園がもっと素晴らしいので、そのためだけに旅行したとのこと。 RT @47news: 島根の美術館が日本一 9年連続、庭園専門誌選ぶ http://t.co/BVciopa3 .
01-10 12:23

誤解されていたらすいません。被災地の方に発言したのではなく、TLで発言されている方に向けての発言です。最終的にどうするかは、地元の方が決めることです。 RT @adonis_fish: 「日常の生活に支障があるかどうか」を外から見て言うことは、私は適切ではないと思います。
01-10 00:25

07:35 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/09のツイートまとめ

nied_inok

@adonis_fish 平時の利便性については、明治や昭和初期と違い、移動手段なども多様に発達しているので、一部の産業を除くと高台に移転してもさほど支障があるとは思えない。問題は土地の確保だがこれもいろいろと提案されている。
01-09 23:55

高台移転が実現すれば次の大津波の際には命だけでなく、家や財産を失わず、多くの雇用も確保されるだろう。今回の災害で命は助かっても家と仕事を失い、生きがいを失ったり、今後の生活に途方に暮れ、仮設住宅で朝から酒を飲むひとも多く出るような事態を繰り返して良い訳はない。
01-09 23:49

高台移転について、非現実的とかそういう声もあるが、4月に被災地を駆け足だが縦走して被災地と被災しなかった町のコントラストを目の当たりにした現実から痛感したのは万難を排して高台移転を最優先で進めるべき。こんな悲惨な事態を二度と繰り返してはならない。
01-09 23:43

福沢諭吉「地方には江戸時代以来の自治の伝統があった」自治の動きをどう支えていくのか。途中から見たのできちんと全体を捉えた訳ではないが、歴史的な視点から災害復興を題材に地方と中央の関係など多くの問題提起のあった番組だった様だ。再放送はあるだろうから録画して何度か見直したい。
01-09 23:30

Nスペ、地方交付税が出来てきた歴史についても振り返る。元の趣旨は財源の再分配と自治体の自由な裁量を通じて貧困の克服を目指す。制度を提案した三好重夫は地方は中央政府の下請けでない。
01-09 23:24

NHKスペシャルの話題はまた高台移転などのまちづくりに戻ってきた。担当する国交省の事業はあらかじめ決められた要件が求められる。
01-09 23:15

@adonis_fish 明治や昭和の被災時はほとんどの家が第一次産業従事で同じような立場の人が多かっただろうし、封建的な風潮が残っていて地元の有力者の意向に多くの人が従っただろうから、表立った異論は少なかったかも知れませんね。
01-09 23:09

宮古市では水産業の6割は再建出来たが、それには宮古市独自の努力があった。毎月補正予算を組んだが財政は火の車。当初予算の倍以上に膨れた。
01-09 23:05

今回の復興もある面で被災者の為というより、災害復興を名目にして国の都合の良い経済振興策の側面がかなりあるかも知れない。これまで余り考えてこなかったが、あたっている様な気もしてきた。
01-09 22:59

只見川の電源開発に関して、中央の思惑と地元の期待のズレ。送電先は戦後復興の為の京浜地帯への電力供給。時代は変っても基本的構図は似ているということか。只見町は期待も空しく過疎化が振興。
01-09 22:55

続きを読む
09:15 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/08のツイートまとめ

nied_inok

@starrynight3104 私は担当していないので別に構わないのですが、もう少しアウトリーチ活動を上手に展開しないと、これから大変苦労する研究者が報われないのではないかと不図考えてしまって、つい呟いてしまっただけです。@yhakase
01-08 23:56

平泉よりはやはり福沢・中江の方を見た方が良いかな?
01-08 22:07

ここ50年の災害写真年表があります。http://t.co/D5HdquxQ RT @ohnuki_tsuyoshi: 災害列島ですね...ほかにも日本海中部地震、伊豆大島・三宅島・普賢岳の噴火などを思い出し
01-08 20:34

先程の7時のNHKニュースで日本海溝周辺の地震津波観測網の設置が報道されていた。文科省の名前はでたが、うちの名前は出ない。挙句に気象庁の課長のインタビューが締めくくりに流されて、ウチは完全に下請け扱いの様だ。分担してやる仕事だとは言っても、苦労する設置作業を担当するのは防災科研。
01-08 19:34

来週の日曜日は青梅市の防災講演会にて土砂災害に関する話をする。タイトルは「過去の災害事例から防災に備える。」です。朝9時半開始で、つくばからは遠いので前日から青梅市に入って、昨年の土砂災害の現場を案内してもらう予定。http://t.co/YyihsDIW
01-08 15:35

07:53 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/07のツイートまとめ

nied_inok

今年が検定試験の第一回です。主催は全国地質調査業協会連合会です。 RT @K_Sawamura: @nied_inok @mount_yoko 「応用地形判読士」という資格は以前からあるのですか?実施主体(団体)はどこでしょうか?
01-07 02:39

07:42 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/06のツイートまとめ

nied_inok

地理学会のシンポジウム『「地理」で学ぶ防災』の記事がE-journal GEO に公開された。2年近く前の学会のシンポジウムで、発表内容を見たら私も拝聴していた。確かに“災害の学習に最も適した科目・分野である”ことは間違いないのだが、その役割は充分に果たされている?今後に期待?
01-06 12:21

@kaicyann119 一次試験は誰でも受験できます。応用地形判読士になるには二次試験(地形図および空中写真判読の実技試験)に合格する必要があります。詳しくはhttp://t.co/DnXZrSwNを見て下さい。
01-06 01:24

私が地形判読士の設立に向けた準備会に協力を求められた際の第一声は「ようやくですか」でした。20年遅かったと思いますした。それでも地形判読の重要性が認識されて始めた事が嬉しかった。 RT @mount_yoko: 応用地形判読士,魅力的ですね。受験者結構いると思いますよ。
01-06 01:16

@mount_yoko ありがとうございます。合格目指して頑張って下さい。応用地形判読士が増えて地形判読を元に防災に繋がる実績が増えることを期待します。私自身は就職してから地形の重要性を認識しましたが、それには羽田野誠一さん、鈴木隆介さんに教えられることが多かったです。
01-06 01:09

07:54 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/05のツイートまとめ

nied_inok

素晴らしいアイデア! RT @o2441: 通帳と印鑑は一緒に輪ゴムでとめて保管しておきましょう。印鑑は銀行印にせず、別の認め印にします。一緒に保管されているなら銀行員だと思わせる心理トラップです。これで別に保管してある本当の銀行印を捜し回られずに済むかもしれません。
01-05 23:42

今日の一連のツイートで述べたかったのは、防災・減災を進める上でそれぞれの地域で過去に起きた災害の種類と規模・範囲を明確にしておくことが最重要だ。その意味で、応用地形判読士の資格を持つ人が増えることは喜ばしい。何と言っても過去の災害を知るには地形判読・地質調査が不可欠だから。
01-05 23:36

いよいよアナウンスされましたね。今年は最初なのでどのくらい受験者がいるか不安でした。閑古鳥ということはなさそうでしょうか? RT @mount_yoko: 応用地形判読士の情報 http://t.co/DnXZrSwN 同士よ,会場で会おう。
01-05 23:29

@t58033 計算で予測するためには、初期条件と言うか起きる地震の規模を的確に入れる必要があります。それが違ってくれば算出される数値は現実とは食い違います。私の専門である地すべりに例えると、耐震建築の立派な家が軟弱地盤の上に建っているのを想像します。外見は立派にみえても...
01-05 15:24

goo辞書で「想定」の意味を再確認して見た。『ある条件や状況を仮に設定すること。「火災を―して避難訓練をする」』とあった。これまでの災害の想定をこのように捉えていれば、想定外についても考えておくべきという話になったのではないだろうか。あまりにも固定的にとらわれすぎてきたと思う。
01-05 12:42

昔は私もそう感じていましたが、こと防災に関しては最近は逆になりました。想定津波の高さを1cm単位まで出す意味があるのかとか、いろいろ感じています。 RT @yamiramira: 定性的な成果よりも、定量的な成果の方が、何故か信頼されやすい傾向があるように感じることがあります。
01-05 12:31

@ookami1910 いろんな手法の研究はあっていいと思います。ただ、阪神淡路、東日本と負け戦続きなのに、兵器は高性能化しても根本的な戦法はあまり変っていない様に感じています。研究者の特性として現実の減災にあまり寄与しない細かいところにまでこだわりすぎている気がします。
01-05 12:09

一昨夜のETV特集を半分寝ながら見ていたが、貞観津波の堆積物を26年も前に見つけていた研究者が不遇の研究生活をおくらずにもっと研究費が付いていて、その成果を受け止める人がいたら、今回の津波災害の被害状況もかなり軽く済んだ可能性もある。
01-05 11:59

「京」に関する今朝のツイート、痛感したのは3.11の津波到達範囲。津波シミュレーションを使えば詳細な海底地形を加味した津波の挙動は細かく計算できる。でも地震の想定が違っていれば、計算結果に意味はない。それより津波堆積物の分布調査の方が現実の津波の到達範囲に近い結果が得られていた。
01-05 11:57

東日本大震災の教訓から言えるのは、根拠に乏しい予測計算より、過去の地震による被災の分布と程度を日本全国、徹底的に調査した方が効率的な様に思い始めている。
01-05 09:48

続きを読む
07:50 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/04のツイートまとめ

nied_inok

ペレットストーブか。木が価値を持つ時代。
01-04 00:59

09:02 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/02のツイートまとめ

nied_inok

テレビ欄を見たら、番組自体は3時間だった。収録のための討論の時間が6時間立ったようだ。
01-02 02:01

NHK Eテレ「ニッポンのジレンマ」、6時間もやっていたのか、最後の1時間半位、仕事をしながら横目で見ていたが、こういう若い人が次世代を担っていければ、まんざらでもない気がする。
01-02 01:59

07:57 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

01/01のツイートまとめ

nied_inok

有りうる話かもしれませんね。問題なのは、次の災害時に情報発信と入手がきちんと出来るかどうかということ。いろんな集中パターンで検証して欲しい。 RT @_Marubashi: @news_tw どうせあいつらまたやるんだろ?対策なんか要らねーよ。落としとけ みたいな対応とか
01-01 04:38

激増はある程度予想できたと思うけど、事前に対策することは難しかったのかな? RT @news_tw: 【ツイッターが落ちた理由】日本が新年を迎えた瞬間ツイート数が激増。1秒当たり16197ツイートに。... on Twitpic http://t.co/GLyw1Sk0
01-01 04:16

@supervisor0901 そう言えば、震災の時には私も携帯からアクセスしていました。その後、スマホを購入したのですが、通信手段も複数ないと災害時対応は万全とは言えないのか。
01-01 01:29

年が明けて30分以上ツィート出来なかった。昨年は災害に強いと賞賛されたツイッターだが、アクセスが殺到すると使えなくなるのは考えれば当たり前か。今後は他にも幾つか代替手段を用意しておく必要があるだろう。
01-01 01:22

明けましておめでとうございます。今年もツイッターを介して土砂災害や災害情報の発進の仕方について発言していきたいと思いますので、よろしくお願いします。
01-01 00:07

07:54 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

12/31のツイートまとめ

nied_inok

今年は東日本大震災・台風12号と私が研究所に入って災害の最大の当たり年になって、災害に対する研究のあり方について考えさせられる年になった。それにも関わらず自分の力や知識を発揮できず歯がゆい思いをした心残りの年でもあった。でもツイッターでは皆さんと一緒に考えることができ良かった。
12-31 23:37

先程、突然大学院時代の寮生仲間から電話があった。20年ぶりくらいかも知れないが、定年が近づくと懐かしくなるためかも知れない。同窓会の頻度も昔より増えてきた気がする。私はこれまで高校も大学も遠隔ということもあって不義理をすることが多かったけど、これからは出来るだけ出るようにしよう。
12-31 23:16

10:14 | 公式サイト | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

無料カウンター